成長ホルモンアンチとエイジングの関係

アンチエイジングに成功するかどうかのポイントは、成長ホルモンが非常に重要な鍵を握っています。成長ホルモンとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンのことでありますが、成長ホルモンと聞くと普通は子供が成長するのに必要という印象があります。実際、骨や筋肉を形成したり、身長を伸ばしたりするなど、大切な役割を果たしています。しかし実は成人してからも成長ホルモンは分泌されています。そして、それはアンチエイジングにとても大きな効果がありますので、たくさん分泌されるほど若返ります。寝る時に体温が急激に低下すると成長ホルモンがたくさん分泌されますので、寝る一時間ほど前にゆっくり風呂に入ると就寝時には体温が下がります。また、寝る直前に食事をすると体温が上がってしまうのでそれも避けたほうがよいです。お腹が空いている時にたくさん分泌されますので、あまりお腹が空いていない状態で間食を繰り返してしまうと分泌されなくなってしまいます。筋力トレーニングの後にしっかりと休むことでも多く分泌されますので、筋トレもお勧めです。以上のことを実践すると、過食や運動不足を解消することにもなりますので、アンチエイジングと同時にダイエット効果も見込めそうです。