水から始められるイジングケアとは

最近よくエイジングケアという言葉を耳にします。エイジングケアとは、加齢によって皮膚が老化するのに対して化粧品などでケアすることをいいます。エイジングを引き起こす原因の一つに、活性酸素が増えるというのがあります。活性酸素は体内のウイルスや細菌をやっつけてくれる役目を果たしていますが、増えすぎることで正常な細胞や遺伝子まで傷つけたりして老化を早めることがあります。若いころはその活性酸素を抑える力が体内で働きますが、エイジングによってその能力が低下し、活性酸素が増えてしまうのでシミやシワができてしまいます。そこで最も簡単にできるエイジングケアは、水をたくさん飲むようにすることです。特にこれから夏の暑い時期は、思っている以上に体から水分が失われるので、一日二リットルぐらいとるようにすることをお勧めします。水を飲むことで肌の代謝がよくなるので、細胞の修復能力が高まり、肌にツヤが出てきます。また、水を飲むことで免疫能力も高まりますので、肌のシミやシワができにくくなります。化粧品はどうしても値段が高いものです。そんな人にはほとんどお金がかからない水でエイジングケアができるというのはとても魅力的であります。