抗酸化作用を味方についてけ老化予防

アンチエイジングを考える場合、しっかりと意識しておきたいのが、活性酸素の存在です。
活性酸素は、食事で摂取した食べ物と酸素が結びつき、エネルギーに変わる際に生み出される、燃えカスのようなものです。
発生した活性酸素は、周辺の細胞を酸化させていく事になります。
それにより、肌老化や、体の老化、様々な病気の原因となっていきます。
この活性酸素は、エネルギーを生み出す時の他、紫外線や様々なストレスによっても発生され、体に影響を与えていきます。
活性酸素の働きを抑制したいと考えた時に、有効なのが、抗酸化作用がある食品を摂取していく事です。
赤ワインやチョコレート等に多く含まれているポリフェノールは、活性酸素の働きを抑える働きがある事で有名です。
この他、バナナやかぼちゃ、人参、キャベツや大豆、ブルーベリー等、様々な食品に含まれています。
ですから、いつまでも若々しくいたいと考えたら、抗酸化作用が高い食品を積極的に摂取するようにしていく事がお勧めです。
それにより、様々な状態で活性酸素が発生する状態になっても、その活動を制限していく事が出来ます。
いつまでも若々しくいたいと考えたら、活性酸素や抗酸化作用を意識しておく事がお勧めです。