ここが違う!アンチエイジンクとエイジングケア

アンチエイジングという英語はラテン語系の接頭辞をつけたもので、エイジングに抗する意味を持っています。そのため、抗酸化作用を促進させて老化物質を除去する方法が用いられます。ビタミンCを豊富に摂取することで、シミの解消を目指すことも同じです。

アンチエイジングに対して、エイジングケアは老化を受け入れつつも、遅らせるための配慮も行う方法と言えます。老化現象は人間にとって拒否できないものですが、生活習慣の差によって進行度合いに違いがあるのは明白です。昔の60歳といえば相当に高齢に思えたものですが、現在では若い部類となります。栄養が昔よりも良くなったおかげで、エイジングケアも適切に行えるようになっています。

アンチエイジングは攻撃的で積極的なイメージがありますが、エイジングケアは優しいものです。医者は治療して自然は癒やすというラテン語格言がありますが、この用語に通じる要素があります。エイジングケアは自然治癒力を高めることで、老化のスピードを遅らせるために有効です。短期間でも十分な効果を引き出すためには、アンチエイジングの方法を行うことも有効です。どちらを選んでも利点があるため、損をする心配はありません。